2013年08月06日

文法特急200周を終えて

注)
ご訪問ありがとうございます。
当ブログは引っ越しました。
引っ越し先
TOEIC800を狙う、主婦の記録
お手数ですがブックマークの変更をお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
文法特急200周の旅を終えて、あれこれ考えました。

基礎が大事とはよく言います。

基礎を固めることを最優先にして取り組んできましたが、正直なところ、モチベーションが低下することが何度もありました。

こんな記事を見つけたので紹介します。

■「基礎が大事」という本当の意味を理解しているか?
http://d.hatena.ne.jp/teruyastar/touch/20110208/1297157480

ここに書いてありますが、「基礎作業の意識コストを限りなくゼロに近づける」まで、繰り返すことが大切なのかな…と思うようになりました。

文法特急に掲載されてるのは118問。

はずかしながら、公式問題集や赤本のPart5、6をやったとは言えないほどの回数。全ての問題に対してきちんと解法をスムーズに導けない状態です。

先日のTOEICでPart5、6を解いた時、いくつかぱっと解法が見えたのは、上記の記事に書かれたような、無意識に解けるレベルに持っていけたからではないかと思いました。

118問を愚直に繰り返して、正直なところ、もういいんじゃないかと50周くらいで思いました。

こんな私でも繰り返していくと変われるんだろうかという気持ちを持ち続けていました。

繰り返すことの意味はあると数々の先生方の意見を見ても、そうなのかな…?と思ったりしました。
解法を覚えるくらい繰り返すのは必要かなとは思ってましたが。

ただ、はっきり言えるのは、先日の受験で、Part5、6だけでなく、Part7もすらすら読めたこと。

しかも、Part7対策までとても手が回らなかったことを考えると、繰り返す意味はあったんだと思います。

時々だらけてしまったけど、何とか到達できました。

文法特急は汗で本の端がふやけてふにゃふにゃで、とても柔らかいです。

書店でピカピカの文法特急を見かけると、自分の文法特急がいかにくたびれたのか、よくわかります。

それだけ取り組んだんだと、少しうれしくなったりします。

何周繰り返すのがいいのか、それは人によると思いますが、もし、この記事を読まれて少しでもやってみようかな?と思われたら、とりあえず50周とか100周など、区切りのいい数で挑戦されてみてはどうでしょうか。

私の場合、こんな私でもできるんだ!という自信がついたのが、大きな収穫でした。

文法特急に感謝!です。



〜関連記事〜
文法特急200周

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログランキングに参加しています。
この記事が参考になったら、クリックしていただけると
とっても励みになります。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

TOEIC900オーバーを達成して、人生を変えてしまおうとたくらむ、アラフォー主婦の記録 TOP



ブログパーツ


ラベル:文法特急
posted by とゆりまま at 17:44| Comment(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。