2013年03月08日

二度あることは三度ある…でした

注)
ご訪問ありがとうございます。
当ブログは引っ越しました。
引っ越し先
TOEIC800を狙う、主婦の記録
お手数ですがブックマークの変更をお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2周取り組んだ、究極のゼミ。
前回間違えたところを何度もやり直して、
いざ3周目。

三度目の正直で、全問正解になるかや…と張り切ってときました。

前回間違えなかったところはわかっているところ
…と認識してましたが、違いました。

私の場合、三度目の正直ではなく、
二度あることは三度ある、でした。

前回は解けたけど、その時はなんとなくわかっていたつもりだったようです。

間違えて解説を読むと、あ、そうか!と思うことが多かったです。

あ、そうか!

と思うのは、つまり、前回解けたと思ったところは解けた「つもり」であり、
自分の知識になっていなかったということだと痛感しました。

今回間違えたところは、前回の記事のようにふせんを貼って何度もやり直していきます。

一冊の教材を一回といて満足していたら、私の場合、わかった「つもり」でとても危険だな…と思いました。



TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6


〜関連記事〜
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6 記事一覧


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログランキングに参加しています。
この記事が参考になったら、クリックしていただけると
とっても励みになります。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

TOEIC900オーバーを達成して、人生を変えてしまおうとたくらむ、アラフォー主婦の記録 TOP



ブログパーツ


posted by とゆりまま at 14:17| Comment(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。